ネタバレ

甘い悪魔のKiss9話ネタバレ/感想・考察!悠貴が言いかけた事は?璃生に会わないと誓ったものの…

こんにちは、ゆりべえ(@yuuuribeee)です!

『甘い悪魔のKiss』はLINE マンガのオリジナルで配信中です。
毎週火曜日に更新されます。

さっそく読んでみました。

今回は『甘い悪魔のKiss』9話のネタバレと読んだ感想について紹介していきます。

ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください。

9話を今すぐ絵付きで読みたい方はLINE マンガで!

>>【LINE マンガ】で最新話を無料で読もう☆

『甘い悪魔のKiss』前回のあらすじ

璃生と一花は、ネイリストと常連客の関係。
しかし、一花のほうは璃生に好意がある様子。

いろはは、璃生にハンドモデルに加え、雑誌の企画も頼まれます。

また、親友のはずの悠貴も、いろはに対して友達以上の感情が芽生えている様。
そしていろはは、会って話を聞いてほしいと、悠貴の部屋へ向かって…。

甘い悪魔のKiss8話ネタバレ/感想・考察!既婚者の一花、悠貴のいろはへの気持ちは…?LINE マンガでオリジナル配信中の甘い悪魔のKiss。今回は8話のネタバレを紹介!そして甘い悪魔のKiss8話を読んだ感想、さらに無料で読める方法について紹介しています。 ...
甘い悪魔のKiss7話ネタバレ/感想・考察!一花と璃生の関係は?まさか一花からも精気をもらっている?LINE マンガでオリジナル配信中の甘い悪魔のKiss。今回は7話のネタバレを紹介!そして甘い悪魔のKiss7話を読んだ感想、さらに無料で読める方法について紹介しています。 ...

『甘い悪魔のKiss』9話のネタバレ/悠貴が言いかけた事は?璃生に会わないと誓ったものの…

いろはが部屋へ来る前に、シャワーを浴びる悠貴。
何かを考え込んでいる様子です。

そこへいろはがやって来ました。

汚れたからシャワーを浴びていたと言い、上半身裸のままいろはを出迎える悠貴。

いろはの顔をじっと見ると、悠貴はいろはを抱き寄せます。
さらにぐっと強く抱きしめ、スカートの中にまで手を入れてきました。

いろはは困惑していますが、辞めてくれません。
いい加減にして、と言うと、悠貴はハッとしてやっと手を離してくれました。

心配でつい、と言いいつもの調子に戻った悠貴。
いろはもホッとします。

そして会社をクビになったことを話すと、元彼に対して怒る悠貴。
けれど思ったよりも元気そうないろはを見て、少し安心します。

いろはは、本当は璃生のことも相談したかった様ですが、悠貴に心配かけたくないと、話しませんでした。

何も知らず、璃生がしたネイルを褒める悠貴。

暗くなる表情のいろはに、大丈夫?と声をかけます。
いろはは笑顔で、悠貴といると安心すると話しました。

悠貴は、いろはの肩を掴み何かを言いかけますが、グッとこらえて話題を変えます。

いつもと違う様子の悠貴に気づくいろはですが、そのまま帰宅しました。

家につくと、先日悠貴と買った新しい寝具が届いていました。
新しい布団の中で、いろはは、もう二度と璃生に会わないと心の中で誓います。

 

やっぱり絵がないと楽しくない!
LINE マンガなら無料で読めちゃいます☆

LINE マンガで
『甘い悪魔のKiss』を読む

『甘い悪魔のKiss』9話を読んだ感想・考察

ますます悠貴の気持ちが怪しくなってきました!

前回までだと、いろはを心配する親心のようなものもあるのかな?
と思いましたが、今回の行動を見るとどうやら違うようです。

悠貴の恋愛対象は男性のようでしたが、もしかして女性の中でいろはだけは特別なのでしょうか?

シャワーを浴びたとき、汚れたから、と言う悠貴の一言も気になりますね。

自分自身を汚らわしいと思っているようです。
なんだか深い意味を感じますね。

璃生のほうは、雑誌の企画をハッキリ断ると伝えたいろは。

もう二度と会わないと決めていますが、羽流が街の中でいろはを見つけた事もあり、悪魔にしか分からない香りでバレてしまうことは分かっています。

いろはも求職中であることから、追い詰められたらお仕事という事で協力してしまうかもしれません!

次回の話が気になります!!

>>『甘い悪魔のKiss』ネタバレ9話の続き!10話を今すぐ読む☆

まとめ

いかがでしたか?

今回は『甘い悪魔のKiss』9話のネタバレと感想について紹介しました。

『甘い悪魔のKiss』9話はLINE マンガで読むことができます。

今後も目が離せません!

ネタバレだけではもの足りない!
やっぱり絵があるほうが楽しい!

という方は【LINE マンガ】のマイ連載機能を使えば無料で読めます。
23時間も待てない!という方はコインを使って先読みできます☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。